カシオペア(CASIOPEA)

FUSION MUSIC

曲名:アイムソーリー(アルバム:サンダーライブ)

日本のフュージョン界の先駆けとも言うべき存在、「カシオペア」結成2年目にリリースされた初のライブアルバムで、野呂一生(guiter)、向谷実(keybord)、桜井哲夫(bass)、神保彰(drums)の4名で繰り出されるサウンドは繊細なテクニックの応酬とビートの効いたリズムセクションが印象的で、ドラムスの神保彰はこのアルバムから新メンバーとして加入している。

あるジャズ専門誌の企画でこのアルバムを聴いたフォー・プレイのドラムスである「ハービーメイソン」が感銘を受け、後のアルバム「アイズオブマインド」のプロデュースに至ったと言われている。

カシオペアの代表作としては「朝焼け」をあげる方も多いと思うが、カシオペアには数々の優れた名曲があり、あえてデビュー当時の若さ溢れる躍動のサウンド「アイムソーリー」をお聞き頂きたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました